Google

2009年11月13日

バフェット氏の発言と考え方

こんにちは。
今日は昨日の18時から円安方向に推移しています。
ただここからは欧州消費者物価指数、GDP速報等がありますのでどう変わってくるかが見物です。
今日はウォーレン・バフェット氏のコロンビア大学で「金融危機は過ぎ去った」というコメントを発言しました。
また、「米国経済は依然として苦戦している」、「米国経済は他の国と比べて経済規模が遙かに大きく大きな投資の機会がある」と言う発言もしています。
確かにバフェット氏の投資会社バークシャー・ハザウェイは鉄道会社(バーリントン・ノーザン・サンタフェ)の買収に合意していますし、前にも積極的に米国株式に投資していくと発表していたと思います。
バフェット氏の考えからいくと、やはり今の株価が割安という考えが妥当と言うことになるのでしょう。
後は経営者がクリーンでやる気があると言うことですよね。
バフェット氏が発言すると少し安心できるところもありますのでホッとします。

では、今日の指標です。
17:15 スイス 生産者・輸入価格
19:00 欧州  消費者物価指数
19:00 欧州  GDP速報
22:30 米国  貿易収支
22:30 米国  輸入物価指数
22:30 カナダ 国際商品貿易
22:30 カナダ 新車販売台数
23:55 米国  ミシガン大学消費者信頼感指数
です。

では、頑張っていきましょう!

↓ランキングに挑戦していますのでよかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

オバマ大統領と鳩山首相の会談

おはようございます。
今日はオバマ大統領と鳩山首相との首脳会談が今日の夜あります。
今回は核廃絶、地球温暖、経済交流の3分野で協調して取り組む方針を宣言するということです。
当然、注目されるのは会談後の共同記者会見と、明日午前にあるアジア政策スピーチですよね。
鳩山首相が何処まで日本の意見を言い、何処まで取り入れられるかが問題です。
今までみたいに米国の言いなりでは支持率も再下落しそうな感じですよね。
普天間基地問題もほとんど話さないという感じのコメントですしね〜。
まあ、普天間問題は今回の会談では米国から先制パンチを食らっていますのであまり話せないというのが現状ですが・・・。

では、頑張っていきましょう。

↓良かったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月12日

オバマ大統領の歴訪スタートで

こんにちは。
今日はほとんどの通貨で大きな変動が無く穏やかに推移していますね。
というより嵐の前の静けさかな?
さて、今日はオバマ大統領のアジア歴訪が始まりましたね。
出発前の発言では主に中国関係を重点的に話している感じがします。
為替操作国と認定するのか?
発言では「中国はきわめて重要なパートナーであり競争相手」とありますが、本当の頭の中をのぞいてみたい感じです。
中国を敵に回すことは避けると思うので、本心はなかなか語れない感じがします。

では、今日の指標です
19:00 欧州  鉱工業生産
19:00 スイス ZEW景況感調査(予想)
21:00 米国  MBA住宅ローン申請指数
22:30 米国  新規失業保健申請件数
22:30 米国  失業保険継続受給者数
22:30 カナダ 新築住宅価格指数
です。

では、頑張っていきましょう。

↓参考になりましたら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月11日

英国失業率と今日のガイトナー財務長官来日

こんにちは。
今日はガイトナー財務長官が来日しましたね。
発言としては、「米国経済の健全性には強いドルの維持が重要」
「投資家の信頼感を維持する政策を確実に履行する責任がある」
などと発言しました。
強いドルはブッシュ大統領時代からかなり聞いてきたので重みが無くなってしまいました。
明日のオバマ大統領との会談はどのような話がされるのか気になるところですが、面白い発言は出なさそうですね。

今日はこの後英国の失業率が控えていますので要注意ですね。
昨日、英国の先行き不安から下落し現在150.60くらいまで回復してきていますがこの後の失業率等の指標で敏感に動いてきそうです。
特にポンドですので値動きが激しい分予想通りで相場が動くと儲けも大きいですよね。

では、頑張っていきましょう。

↓よかったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月10日

今日のポンドの急落と内閣府発表

こんにちは。
今日は14時くらいからポンドが急落ですね。
急落の原因としてはフィッチレーティング担当者から先進国の中でもっともAAAの格付けを失うリスクがあると言うコメント発表から急落です。
一時、GBP/JPYで149円近くまで下落です。
さらに今日はj9湯ような指標がありませんのでここからの動きも読みづらい感じです。
また、今日は日本内閣府から景気ウォッチャー調査判断を下方修正(景気は下げ止まってきたものの、このところ弱い動きもみられる)しました。
まあ、米国の悪化もありましたのでしょうがないところです。
下方修正は2008年12月以来の下方修正です。

では、頑張っていきましょう。

↓励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月09日

ガイトナー&オバマの来日でどうなる?&日本の経済成長戦略の検討スタート

おはようございます。
今日はスタートに円高でスタートと思ったら、開始2時間くらいで円安方向に転換で現在全体的に円安で推移しています。
今日はムーディーズの格付け見通しで中国と香港がポジティブに引き上げるとの発表がありました。
また、今週はガイトナー財務長官とオバマ大統領が来日しますので友好的な米国との関係がこじれてくると為替も影響しそうですね。
全会の岡田外務大臣の態度からするとどうなってくるかは少し心配ですが、藤井財務相と鳩山首相なら穏便に済みそうな気がします。
今日は菅副総理から20年先見込んだ経済成長戦略の検討に入るというコメントが入っていますが、遅すぎ〜と思ってしまいました。
まあ、日本のお尻は昔から重いと決まっていますのでしょうがないところなんですよね。
ここでしっかりとした戦略がくまれてくると先行きの不透明感が薄れてくるのですが・・・。

では、今週も頑張っていきましょう!

↓よかったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ



posted by ひろ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月07日

オバマ大統領にしては弱気な発言でしたね。

おはようございます。
昨日は米国の失業率、非農業部門雇用者数が市場予想以上に悪化でしたね。
雇用統計は予想9.9%→結果10.2%
非農業部門雇用者数 予想-17.5万人→結果-19万人
でした。
特に失業率は26年ぶりの二桁です。
この発表を受け安全資産の投資が増えてきましたので金が上昇です。
さらにオバマ大統領もこの発表の数字が今のアメリカ経済の現状を示している数値というコメントを出し、
住宅購入者向け税制優遇の拡大、失業給付期間の延長などを含んだ法案に署名したことを発表しました。
それにしてもなかなか米国は雲の中を抜けてこないですね〜。
少し良くなったと思ったらどんと落ちる・・・・。
この繰り返しです。
まあ、経済がどん底のままということは無く、必ず日は昇りますので頑張っていきましょう。
大事なのは相場観と忍耐力かな?
では、来週も頑張っていきましょう。

↓よかったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月06日

今日の一番気になる指標です。

こんにちは。
今日は22:30に米国失業率がありますね!
皆さんもかなり注目している指標だと思います。
市場予想は9.9%ですがどうでしょう?
10%を超えてくるようだと経済不安がかなり出てきそうですので問題ですよね。
最近は指標一つで上がったら下がったり、コメントで上がったり下がったりと・・・。
当たり前のことだとは思いますが、俊敏に反応しすぎと言うのと値幅が大きすぎという感じがします。
リーマンショックが頭に残ってるから無理もない話だとは思います。
今日は失業率以外にも重要指標が今から結構ありますので注意していきましょう。
特に今日で今週の取引は終了ですので注意が必要ですね。

↓よかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月05日

今日は英国、欧州政策金利発表がありますね

こんにちは。
今日は早朝にFOMC政策金利の発表がありました。
やはり、全会一致で据置決定でしたね。
FOMCの声明も微妙な感じで上げたり下げたりと難しい展開でした。
ただ、その後は徐々に円高傾向で現在まで推移していますがここからはちょっと読みにくい感じです。
また今日は英国BOE政策金利(21:00)、欧州ECB政策金利(21:45)が控えていますし、その後に米国指標(失業保険関係)がありますので怖い感じです。
ちなみに両政策金利とも市場予想は据置です。
ただ、米国指標が予想とどれだけ食い違うかは結構注意ですね。
では、今日も頑張っていきましょう。

↓よかったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月04日

気になる米国FOMCが明日の早朝です!

こんにちは。
今日も引き続き寒いですよね〜。
風邪など引かぬように頑張っていきましょう。
今日は11月2日のUSD・JPYが89.2まで下落してからは徐々に円安方向に向かっています。
今日は指標も結構ありますがなんと言っても明日早朝の米国FOMC政策金利が控えていますので、難しい感じですね。
でも、政策金利は市場予想でも据置ですしみんなの頭の中も据置という感じですので金利よりその後の声明に注目が集まりますよね。
コメントも今の状態だと軟調な感じですので強気な発言はあまり出てこない感じかな?
ただ、米国ですので要注意と言ったところでしょう。
それにしても、ほかの通貨も併せて円高方向に行っていますので、自分のランドも目減りしているのが寂しいところです。
マイナスにはなっていないので気分的には大丈夫です。
では、頑張っていきましょう!

よかったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 16:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記