Google

2007年11月09日

カナダ要人の困った発言で

カナダのフレアティ・財務相が「20各国とドル安について討議している」と言う発言と、さらにハーバーカナダ首相の「カナダドル高にカナダは試練の時を迎えている」の発言がありました。
個人的意見としては最近の個人投資家の影響で価格の変動が激しいこの時代をドル安牽制でなだらかな下落にしているって感じですよね。まあ、ドルは指標、赤字等下落か食い止めか迷う時期ではありますが、まだなだらかに下落しそうな感じです。
一方、自国通貨のカナダドル高牽制がちょっと困りものですよね!
大幅下落下のにその後に牽制発言で買い場を失った感じです。でも、上がりそうな気配はまだまだありますよね!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6616198

この記事へのトラックバック