Google

2009年11月13日

バフェット氏の発言と考え方

こんにちは。
今日は昨日の18時から円安方向に推移しています。
ただここからは欧州消費者物価指数、GDP速報等がありますのでどう変わってくるかが見物です。
今日はウォーレン・バフェット氏のコロンビア大学で「金融危機は過ぎ去った」というコメントを発言しました。
また、「米国経済は依然として苦戦している」、「米国経済は他の国と比べて経済規模が遙かに大きく大きな投資の機会がある」と言う発言もしています。
確かにバフェット氏の投資会社バークシャー・ハザウェイは鉄道会社(バーリントン・ノーザン・サンタフェ)の買収に合意していますし、前にも積極的に米国株式に投資していくと発表していたと思います。
バフェット氏の考えからいくと、やはり今の株価が割安という考えが妥当と言うことになるのでしょう。
後は経営者がクリーンでやる気があると言うことですよね。
バフェット氏が発言すると少し安心できるところもありますのでホッとします。

では、今日の指標です。
17:15 スイス 生産者・輸入価格
19:00 欧州  消費者物価指数
19:00 欧州  GDP速報
22:30 米国  貿易収支
22:30 米国  輸入物価指数
22:30 カナダ 国際商品貿易
22:30 カナダ 新車販売台数
23:55 米国  ミシガン大学消費者信頼感指数
です。

では、頑張っていきましょう!

↓ランキングに挑戦していますのでよかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33617297

この記事へのトラックバック