Google

2009年11月11日

英国失業率と今日のガイトナー財務長官来日

こんにちは。
今日はガイトナー財務長官が来日しましたね。
発言としては、「米国経済の健全性には強いドルの維持が重要」
「投資家の信頼感を維持する政策を確実に履行する責任がある」
などと発言しました。
強いドルはブッシュ大統領時代からかなり聞いてきたので重みが無くなってしまいました。
明日のオバマ大統領との会談はどのような話がされるのか気になるところですが、面白い発言は出なさそうですね。

今日はこの後英国の失業率が控えていますので要注意ですね。
昨日、英国の先行き不安から下落し現在150.60くらいまで回復してきていますがこの後の失業率等の指標で敏感に動いてきそうです。
特にポンドですので値動きが激しい分予想通りで相場が動くと儲けも大きいですよね。

では、頑張っていきましょう。

↓よかったら応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33574318

この記事へのトラックバック