Google

2008年10月09日

各国の政策金利と昨日の各国の利下げ対応は早かったですね。

こんにちは。
昨日は凄かったですね〜!
久々のUSD/JPYが100円割れ、日経平均も1万円割れ・・・。
ただ、そこからの米国、英国、欧州等の利下げ発表はスピードがありました。
さらに米国ポールソン財務長官から銀行への公的資金注入をにおわせるコメントも発表されています。
それでも反応は限定的です。
今日朝からは円安になってはいますが油断が出来ない状態ですね。
問題はヨーロッパ株価&米国株価がかなり注目されてきそうです。
アジアは日本も含め少し下落で終了していますので様子見で入ってきそうな感じです。
ちなみに国際通貨基金から「世界的な恐慌が起こる可能性はほとんど無い」という助け船的なコメントも出ています。
ちなみに主要国政策金利です。
米国1.5%
欧州3.75%
英国4.50%
スウェーデン4.25%
スイス2.50%
中国6.93%
カナダ2.50%
です。
では、頑張っていきましょう。
↓参考になりましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20833916

この記事へのトラックバック