Google

2008年09月11日

トレイダーズFXが突然の業務停止&FX会社を考える

こんにちは。
昨日、トレイダーズFXが突然の業務停止というニュースが飛び込んできました。
自己資本規制比率は292.4%と言うことで法律の120%は十分上回っています。
また、ホームページでは顧客の証拠金は明確に区分管理をしていると言うことで大丈夫と言うことです。
まあ、破綻ではないのでまだ良いとは思いますが・・・。
特にトレイダーズは短期売買の方が多いFX会社ですので、スワップ狙いでここ最近の円高&マイナス表示の方は少ないとは思いますが
こそ相場で決済となると辛いの一言です。
このあたりは未確認ですので実際取引していた人から聞くまでは分かりません。
やはりFX会社はよく考えて決めないと怖いですよね〜。
でも、292.4%あって休止だと何処も信用できなくなってしまう気もします。
私的には最近の過剰な手数料無料&スプレッド一部0は結構怖いような気がしています。
特に最近は業務停止&破綻のニュースも聞きますので。
FX会社の儲けとしては手数料かスプレッドの差額で儲けるわけですから、スプレッドまで0を増やすとかなり厳しくなりますよね。
競争の激化がもたらす恩恵とリスクですよね。
私は昔から複数のFX会社で取引をしています。
セントラル短資みたいに手数料あり(ハイパーは無し)でも安全性で選んでいます。
やはり、長期スワップ狙いは手数料があっても信頼できそうなところが一番ですよね。
皆さんもこれを機会にFX会社を見直してはいかがでしょうか?
↓参考になりましたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
この記事へのコメント
トレイダーズは、短期で開こうと思ってたのでショックかなぁ。。。
たしか、書き方がシステムの問題って見れるんですよね。。。

セントラル短資、システムが暴走してましたよね><;;
FX業者って、難しいです

ポチ
Posted by 美夕 at 2008年09月11日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19184870

この記事へのトラックバック