Google

2008年06月16日

外貨預金と外国為替証拠金取引(FX)の違い

こんにちは。
為替が小動きですので、退屈しのぎに外貨預金と証拠金取引の違いの説明です。
外貨預金には2種類あります。
外貨普通預金と外貨定期預金です。
違いは外貨でなくても円と同じですのでわかると思います。
外貨預金は銀行に日本円を持って行き、外貨に換金して預金します。
メリットとしては
@日本円より利子が良い。
A外貨が上がったときには差益で儲けることが出来る。
(例えば米ドルを100円で換金して預け、120円で円に戻した時は1ドル当たり20円の儲け)
Bリスクが分散できる(円のみの預金ではないので)
とこんな感じです。

リスクとしては
@外貨が下がった時には損することになります。メリットのAの逆です。
A取引銀行が破綻したときはペイオフ対象外

です。
外国為替証拠金取引(FX)とはレバレッジを効かせて取引をします。
レバレッジとは少ない金額で大きい金額を動かすことを指します。
レバレッジ10倍であれば10万円で100万円分の外貨を動かすことが出来ます。
かなり魅力的にも見えますが、自分が持っているお金より大きい金額を動かすと言うことは、リスクも高いと言うことです。

外貨預金とFXの違いは
@外貨預金は必ず買い(日本円から外貨へチェンジ)です。
FXでは買いでも売りでも好きな方から入れます。

AFXは証拠金取引ですので差益で証拠金をオーバーした時は保証金が無くなります。
外貨預金は全額自分の物ですので、自分の好きなタイミングで日本円に替えれます。(定期の場合はその定期期間以降の解約です)

B利子が外貨預金よりFXの方が良いです。また、レバレッジで元金より多い金額を動かしているので、利子も更にアップです。

CFXの手数料は無料又は少額です。外貨預金は1通貨当たり1円〜2円(片道です往復で倍です)ですので結構な金額かかります。

Dレートの差が外貨預金の方が離れています。(同じ時間での買う時と売る時の差)

こんな感じです。
少しわかりにくいかもしれませんが、ご勘弁を。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
この記事へのコメント
今晩は^^
とってもよく分かりましたよ。
いつも、参考にさせていただいています。今週中には口座の手続きが終わりそうです^^(多分?)
Posted by やっちゃうよ at 2008年06月16日 19:57
やっちゃうよさんこんにちは。
承認はよっぽどされますので大丈夫ですよ。
焦る気持ちを抑えて頑張ってくださいね。先ほど訪問してコメント残してきましたよ〜。
Posted by ひろ at 2008年06月17日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16074633

この記事へのトラックバック