Google

2008年05月28日

米国指標を無視した上と言うことは

おはようございます。
今日も頑張っていきましょう。
昨日の米国指標は新規住宅販売件数は予想以上でしたがリッチモンド、消費者信頼感指数は予想以下でした。
ただ、市場は住宅関係に反応したのか、USD高で推移しています。
少し強引なドル高のような気がしますが・・・。
この後の下げで儲ける人が勝ちなのかもしれませんね。
サンフランシスコ連銀からのコメントで「今の政策金利は適正だが景気改善の際には利下げが必要」とのコメントでした。
また、白川日銀総裁は財政金融委員会にて「米国経済は停滞か穏やかな後退で米国住宅事情と市場は不確実性が非常に高く、慎重に見ている」とのコメントです。

本格回復はまだまだ難しそうですね。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15439928

この記事へのトラックバック