Google

2008年05月23日

米国要人コメントが活発になってきています&ポールソン米財務長官は口先介入です

おはようございます。
今週も最後ですので、頑張っていきましょう。
ここ数日間(FRB議事録前後から)米国要人コメントが活発化してきています。
市場から米ドルが弱くなる等の意見&米国著名投資家からの米ドル外貨準備通貨の崩壊の可能性、経済復活の遅れ等の意見がでています。
それに対抗して今日の早朝にはポールソン米財務長官から「私たちは強いドル政策をとっている」「米経済の長期的強さはドルの価格に反映される。」等の下支え的口先介入を行いました。
今のところは、米ドルは意外に底は堅いと言われていますがどうでしょう。
動向から目が離せなくなりますね〜。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15216240

この記事へのトラックバック