Google

2008年03月04日

ウォーレン・バフェット氏の気になる見方

こんばんは現在は行き過ぎ感もあり値を少し戻しています。
ここで少し気になるコメントです。
米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏のコメントで、米ドルは今後、更に下落するとのコメントを残しています。これは膨大な貿易赤字が要因と言うことです。
また、米国は景気後退に入っている。(常識的な見方から)
株価は安くないとのことです。
私の考えとしては、来週から円安が続き、問題はどこで円高の到来がくるかだと思います。100円付近又は切ってくる感じがします。
過去を見ても100円を切っている期間が短いので、100円切ったら、買いで勝負に行きたいと思います。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11841255

この記事へのトラックバック