Google

2008年09月10日

今日は情報が攪乱されていますので注意です

こんにちは。
今日はOPEC(石油輸出国機構)が生産目標を変更すると言うことで合意しました。
現行の生産目標は2967万バレルで新たな目標は2880万バレルです。
この微妙な減産が原油に連動しやすいユーロにどう影響してくるかが問題ですね。
特にここ最近の原油価格は原産国にすると安いと言っていましたので・・・。
原油価格が上がってくるとユーロも上昇するはずですが、このところの下降トレンドでどうなってくるかが問題です。
そういえば今日朝に韓国産業銀行がリーマンとの協議打ち切りと言いましたが、再度協議に入ったという噂が流れています。
ただ、情報が攪乱していますので米ドルの動向が難しくなっています。
また、米ドルだけでなくその他のペアーも激しい値動きになっていますので利益確&損切り価格は慎重に決めてください。
では、頑張っていきましょう。
↓励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

金融危機再燃&金融危機の終点のポイント

おはようございます。
昨晩は米国株式がかなりの下落でしたね。
特にリーマンが約45%安と言うことです。
リーマンは昨日の韓国産業銀行からの出資協議が打ち切りと言うニュースから下落が始まりS&Pの格下げの可能性があるとの発表で追い打ちという感じです。
韓国ウォンの逆襲と言ったところでしょうか?
韓国もこのところ市場介入を数回実施し頑張って守っているところでしたので。
今日は米国株式下落で日本株式も下落スタートです。
また、昨晩は前FRB議長グリーンスパン氏からコメントがありました。
「米国住宅価格が下げ止まらない限り世界的な金融危機は収まらないだろう」「落ち着くのは今年の年末か来年度になる」等のコメントを残しています。
住宅価格の安定するまでは危機は去らないと言うコメントはいろんな方々から出ていますので米国住宅価格の動向は注意して確認していくと良いと思います。
特にいろいろな方から言われている以上安定してくると心理的にも終わったと思う方がかなり増えてきますので、今回の金融危機はここがキーポイント&原点。
さらに金融危機が収まった後にインフレは再燃するだろうと言うコメントも残しています。
何とも落ち着かない相場が続きますね。
では、今日の指標です。
9:30 豪州  消費者信頼感指数
14:00 日本  景気一致指数
17:30 英国  貿易収支
20:00 米国  MBA住宅ローン申請指数
21:30 カナダ 労働生産率
です。
今日も頑張っていきましょう。
↓励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記