Google

2008年06月23日

サウジのジッダでの原油に関する会合が先日ありました。

こんばんは。
昨日は最近の原油高騰を受けてサウジアラビアのジッダで主要な産油国と消費国の閣僚が集まり、会合が行われました。
さすがに今の現状の価格だと、産出国としては早期の原油離れ、消費国では原油高による商品の高騰で苦しみますよね。
ただ、現在の価格高騰が投資の矛先の移動での高騰がかなりを占めていますので、政治的に話し合っても難しいところがありますよね。
個人的には原油に限って話し合うより、金融市場の安定化の方が効果がありそうに思います。
今回のサブプライム問題からの金融市場不透明かは今までに例がないので難しいとは思います。
早期に原油、農作物等の金額が下がってくることを世界中が望んでいますので頑張って欲しいところです。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今週は米国の重要なポイントです

こんにちは。
今週も始まりましたので、頑張っていきましょう。
今週は米国指標も盛りだくさんで木曜日早朝にはFOMC政策金利発表が控えています。
また、米国指標以外は27日(金)の英国GDP、経常収支くらいです。
先日もブログに書いたと思いますが、今回のFOMCは声明がポイントになりますよね。
先週から米国金融機関の悪材料を今回のFOMCの声明文でどれだけカバー出来るかが焦点です。
市場的には落ち着いてきた矢先の先週の出来事でしたので。
個人的には、正直に今の状況を分析し、改善策を適切に出してくるかが上昇の材料だとは思いますが、この不透明な状況だと、適切と言う言葉は難しいです。
まだまだ地中に埋まっている地雷がありそうですしね。
ただ、波乱の時は儲け時でもあります。
適切な判断とリスク管理で頑張っていきましょう。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記