Google

2008年06月20日

米国の雲行きが怪しくなってきました

こんばんは。
今日はちょっとさえないニュースばかりですね。
米国ムーディー社格付けでアムバク・フィナンシャル・グループの保証部門が格下げです。
また、米国シティが第2四半期にかなりの評価損を計上する可能性など良くないニュースが多いです。
また、英国でも中銀の四半期報告で多くのヘッジファンドがインフレの見通し誤りから証拠金を払うためにポジション解消で損失を出していると言うことです。
これでも下支えが頑張っているところがビックリです。
来週はFOMCですので楽しみですね。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

最近の米国経済の不透明感と来週のFOMC

おはようございます。
今週も最後ですので頑張っていきましょう。
今週は中盤から少し雲行きがおかしくなりましたね。
米国経済の先行き不透明感からか横ばいになって来ています。
と言うのも、指標は無難に当たり障りのない数字が出ていますが、要人コメントやモノライン等の良くないコメントが出ていますので不透明感が増加している感じです。(他の理由もあると思います)
ただ、不透明感が増加している割にはかなりの下支えで値が崩れていかないのも少し気になるところです。
問題は来週に開催されるFOMCでどのようなコメントが出るかが鍵になってきます。
この不透明感を振り払うようなコメントなのかですが、不透明感の中になるべく当たり障りのないコメントを出すかは疑問ですが。
今回の政策金利は2%の予想で堅い数値ですが、万が一に予想外だとかなりの波乱が予想されてきます。
今日の重要指標としては、
15:00 ドイツ生産者物価指数
21:30 カナダ小売売上高
です。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記