Google

2008年03月04日

ウォーレン・バフェット氏の気になる見方

こんばんは現在は行き過ぎ感もあり値を少し戻しています。
ここで少し気になるコメントです。
米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏のコメントで、米ドルは今後、更に下落するとのコメントを残しています。これは膨大な貿易赤字が要因と言うことです。
また、米国は景気後退に入っている。(常識的な見方から)
株価は安くないとのことです。
私の考えとしては、来週から円安が続き、問題はどこで円高の到来がくるかだと思います。100円付近又は切ってくる感じがします。
過去を見ても100円を切っている期間が短いので、100円切ったら、買いで勝負に行きたいと思います。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

豪RBA政策金利発表されました

こんにちは。
先ほど、豪RBA政策金利の発表がありました。
予想通りの0.25%の利上げです。
この発表を受け、相場は1円ほど下落しています。
下落の理由としては材料の出尽くしとその後のコメントでの失望感だと思います。今後の方向が注目されますね〜。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

posted by ひろ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今日の政策金利予想と欧州の指標

おはようございます。
今日の相場は少し円安方向に戻しています。
今日の重要指標は2つの政策金利と欧州関係ですね。
政策金利は
12:30豪RBA政策金利
23:00カナダBOC政策金利です。
市場予想は
豪RBAが0.25%の利上げ
加BOCが0.25%の利下げ
です。
サプライズはカナダの0.25%の利下げではなく、0.50%の利下げの可能性もありそうです。
カナダのこの後の動きは注目です。
欧州はGDPと生産者物価指数の発表が19:00にあります。
こちらも要チェックだと思います。
励ましのクリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

posted by ひろ at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記