Google

2007年12月12日

注目のFOMC発表です

米国FOMC政策金利の発表がありました。
今回は今後の動きを決める重要な指標だけに、かなりの注目を集めていました。
今回の発表0.25%利下げ公定歩合0.25%引き下げの発表後、0.5%の噂もあっただけに失望売りが先行して発表後から下落で一時110.63円まで行きました。
ローゼングレン・ボストン連銀総裁は0.5%利下げを主張したとの話もありました。
ここからどういう声明文が出るかが焦点になりますね。
↓応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

posted by ひろ at 04:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記