Google

2007年12月07日

個人投資家が戻り戦略も変化

保証金預かり額がようやく今年6月の869億を超えて11月時点で874億と5ヶ月ぶりに過去最高を更新しました。
8月に痛手を食らって退散してる人も多いと思いますが、新規参入の人がかなり増えたみたいです。
戦略的にも8月からの円売り主体の取引から円買いから初める等テクニカルになってきています。
ここ最近の相場観からすると下がったら買って少しあがったら売るでもかなり利益を上げた人もいます。
皆さん退散にならないように儲けましょう!

ココで一つ情報です。
英イーマップがドイツのハインリッヒ・バウワー・フェルラグ社に雑誌部門とラジオ部門を売却に合意しました。日本円で2570億(11億4000ポンド)です。EUR/GBPで潜在的に動きがありそうです。

↓応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

FOMC政策金利が焦点。サプライズ噂も

USDが様子見に入っていますね!
大きい動きは今日の22:30の雇用関係指標に注目が集まっていると思います。
特に12月と言うことで荒れ相場が予想されますのでご注意です。
ただ、指標が悪くても救済の発表もありましたしたのでコメント等でどう動くかは波乱です。
予想以上ならかなり強気で上がりそうですが。
焦点は12日のFOMC政策金利だと思います。
予想としましては据置が予想されていましたが、ここに来て0.5%の利下げ噂も出ています。
ここである程度下落すれば、もう一度買いの到来ではないでしょうか?
カナダ、英国、インドネシア等利下げしていますし今のところ米国の政策を支持されていますので下落してもはい上がりそうですから。

↓応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

posted by ひろ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ECB政策金利据置ですが上昇の理由

ECB政策金利は据置4.00%になりましたが一部の理事が利上げ支持があったのに相場が好感を持ち上昇が理由です。
また、FRB理事はサブプライム問題がまだ長引くと臭わせるコメントも発表しました。
高金利通過のキウイ、ランドもECB政策金利利上げ支持メンバーがいたことが材料視されて上昇です。
私としましては南アフリカ利上げを知り、ランド好きとしては10万買いを入れました。
今のところ上げていますのでちょっと取りで利確します。
↓応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記