Google

2007年12月06日

日本の金利の行方

経済協力開発機構が発表した「エコノミック・アウトルック」によると日本の成長率は2007年1.9%となった後、2008年に1.6%まで減速する見通しだそうです。
円高、賃金上昇の遅れ、建築着工の減少などのリスク要因を抱えるため、日銀は利上げするべきではない。
物価が上昇になる2009年までは金利据置の見通しを示しました。
ここで2009年まで据置が望ましいと言う中に物価が上昇に転じるまでと言うキーワードがありますので、物価が確実に上がった時は時期早々でも上げてくる可能性があるってことです。
でも、日本人は保守派が多いから確実になるまで上げそうにないですよね〜!
アメリカから圧力がかかればすっぐ上がりそうですが・・・。
↓応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

英国政策金利発表後の動きに注意

英国の政策金利0.25%利下げの予想がかなり濃厚になっていて、相場が軟調に動いています。ココで注意点ですが、利下げ予想に動いている相場なので、政策金利据置の結果が出るとかなりの上昇するのではないでしょうか?18:30の指標発表もありますのでココは皆さん勝負所!注意深くいきましょう!
応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

今日はポンド&ユーロが注目です。

ニージーランドは予想の据え置きでしたね!これからは英国BOE政策金利とユーロ圏ECB政策金利が控えています。サプライズは英国の利下げとユーロの利上げじゃないでしょうか?英国は噂にもなっていますので注意です。ユーロ、ポンドとも今は行き場を探っています。南アフリカSARB政策金利もありますので皆さんお忘れ無く!私はランド好きですのでかなり気になります。ちなみに予想は据置でサプライズの噂はまだ聞いてないです。

応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記