Google

2007年11月21日

今日の荒れた相場

やっぱり今日は荒れてきましたね!全面的に円高です。
米国モーゲージは最大3000億ドルの損失の上る可能性もあると言うことですし、ポンドは議事録の結果を受け更なる下落。
ここからさらなる円高になるかが勝負だと思います。
ランド等新興国の通貨も踏ん張りどころにさしかかっています。
皆さん頑張りましょう。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

今晩の指標、またまたサブプライムの噂が

これからの指標等です。
18:30 (英)BOE議事録
22:30 (米)新規失業保険申請件数
22:30 (加)小売売上高
ドンドン降下しています!もうすぐ欧州参加とBOE議事録で今晩の動きが決まりそうですね。ただ、日本の金融機関でサブプライム関係で損失を公表するという噂もありますので注意も必要ですが、日本の問題はあまり問題にならないですよね。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 16:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

豪州、英国でサブプライム関連の損失発生の噂

豪州、英国でサブプライム関連の損失発生の噂が流れているようです。豪州の噂は豪州大手銀行の巨額損失で株価も同じく金融関連で下落の様子です。
英国の噂は情報発信源は英FT紙のウェブ版です。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
posted by ひろ at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

米国FOMC議事録

おはようございます!
FOMC議事録が出ました。内容は
大部分が成長下振れリスクを指摘
0.25%の実施か様子見の据置
利下げは予想外の景気悪化に対する保険
2008年実質GDPは1.8%-2.5%増の見通し
2009年コアPCEは1.7%-1.9%の増の見通し
利下げでインフレを引き起こす可能性は小さく、物価が上振れすれば政策方向を反転させる
金融市場ショックは投資家心理を弱め、成長の下方リスクを高める
成長は今後数四半期に渡り、減速するであろう
2008年のGDPは潜在成長を下回り、失業率は上昇するとの見通し
2008年の潜在成長率下回り、失業率上昇、住宅建設減少の見通し
等々ですが、市場はあまり反応しませんでした。
まあ、皆さんが想像している意見ばかりだったからですよね。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

posted by ひろ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記